会社辞めてアメリカに賭け、また日本に賭けました。

nkajino.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 02日

2人座ると窮屈そうです。

今日はバスの続きについて少し。だいぶ前に『発車オーライ!バス通学』で、
また続きをやると言ってやってなかったですから。

f0075745_037087.jpg
通学路のバス停は写真のようなシンプルなものです。時刻表もありません。ただ、時刻表はインターネットで確認したり、学校などにあるパンフレットで確認します。日本のバス会社と違います。30と書いてあるのは30番の系統。私が乗るバスの路線番号です。毎時間30分に来るのかと最初は思いました。
f0075745_0392179.jpgアメリカでもバスの利用者は多く一定の区間はほぼ満席。
やっぱり運転手さんはお客さんとの会話が弾んでいました。今回は前回のような『あ!また横見た!前を見ろ!』みたいな驚きはなかったです。それからアメリカ人の方々は体が大きいので大体一座席に1人が座ります。2人座ると窮屈そうです。
f0075745_0394778.jpgバスのストップボタンはこの縦長の黄色のボタン。これを押すとバス車内の先頭にある『STOP REQUEST』が赤く点灯します。上の写真はそのサインが点灯しているところです。
f0075745_0402573.jpgバスの乗車時間は30分ほど。学校のここの前で降ろされます。バスの一番安全な座席は運転手さんのすぐ後ろだと教えてもらいました。後方座席で危険を感じたらすぐそこの席に移動した方がよいそうです。ゴルゴ13でさえホテルに泊まる時は最上階の非常階段近くみたいに注意してますものね。
バス停までは2キロの道のりで徒歩30分掛かります。バスは日本ほど時刻表通りに来ません。遅く来る事もあれば、早く行ってしまうこともあるそうです。この早く行ってしまうが日本ではほとんどないこと。だから乗車時間には注意です。

↓毎朝5時半起きです。今日もクリックお願いします。↓
~人気ブログランキング~
[PR]

by nkajino | 2006-04-02 01:22


<< 明日も聞いてみよう。      摂氏0度は華氏32度 >>