会社辞めてアメリカに賭け、また日本に賭けました。

nkajino.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 06日

足を向けて寝ないようにします。

すっかり更新が遅くなりましたが、身分証明書の発行をして参りました。
アメリカではアルコール類やタバコの未成年への販売を厳しく禁止している為に
『従業員から30歳以下に見られた場合』年齢確認をされます。その際は身分証の
提示が義務付けられていす。身分証明に付きまして多くのアドバイスを頂きました。
ありがとうございました。皆様に何と感謝したら良いのかわからないので取り敢えず
足を向けて寝ないようにします。感謝の言葉でいっぱいです。

f0075745_1127030.jpg写真が異様に大きくてごめんなさい。こちらの建物はワシントン州の免許証の更新や発行を行ってくれる州の施設。でも、ここはバンクーバーの小さな支所です。スーパーの横っちょにありました。
f0075745_11272377.jpg中に入ると整理券を取るのですが、日本の機械式の発券機でなく、このロールから一枚一枚千切って受け取ります。最初は全然気が付きませんでした。そういえば、日本の発券機はなぜ機械式が多いのでしょうか?
f0075745_11274720.jpgちょっと調べてみたのですが、どうやらデータの収集だったり、オンライン管理が可能だからだそうですね。発券機のお値段は小さいもので26万円。お高い商品でした。整理券の配布だけなら、このアナログ式の発券機で充分な気がします。
f0075745_11281050.jpg中では10人ほどの方が申請待ちをしていましたが、窓口は1つだけ。皆さんイライラはしていません。お国柄なのでしょうか。今回の申請に必要だった書類は『パスポート・国際免許証・銀行のカード』の3点と20ドルを必要とされました。やはり州によって違うのでしょうか?
f0075745_4343436.jpg身長や体重の申請の他に、目の色や母親の旧姓を聞かれました。ヤフー登録の秘密の暗号みたいです。このカードは仮のカード。本カードは10日後に到着するそうです。あー良かった。
お蔭様でこれで身分が証明されます。私はお酒がまったくの下戸なので、レストランで頼む必要もなく、タバコも21歳で禁煙したので購入することもないのですが、この身分証明があればアメリカの一部になれた気がして嬉しいです。1つ1つアメリカに溶け込んでいます。明日は明日でまた予定あり!何でも家に大工さんが来るとか!ではまた明日。

↓あ、明日からミッションインポッシブル3だ!今日もクリックお願いします↓
→人気ブログランキングへの一票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-05-06 00:00


<< お父さんのレシピ      お正月の新聞のように分厚いです。 >>