会社辞めてアメリカに賭け、また日本に賭けました。

nkajino.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 07日

お父さんのレシピ

世界の国の料理の中で『中国料理』は有名です。私が幼少の頃は葛飾区亀有に住んでいまして、中華料理といえば亀有駅の近くにある『あたり屋』さんが王道でした。ちなみにこちらのお店は『こちら葛飾区亀有公園前派出所の両さん』も漫画の中で、たまに出前を取っています。余談から始まりましたが、今日は全米34州とプエルトリコで展開するチャイニーズプレートランチのチェーン店。『Panda Express 』です。

f0075745_22483035.jpgこちらの会社は中国系アメリカ人のアンドリューさんが、お父さんの作る中国料理のレシピを参考に立ち上げたお店です。全米に800店舗以上展開するチャイニーズレストランの大手です。pandaexpress。。。直訳すると『パンダ急行』。ネーミングの由来はなんだろう?
f0075745_22581517.jpgpandaexpressではヤキソバかチャーハンをメインに2~3品のおかずを選びます。おかずは肉、魚、野菜などバラエティ豊かに20種類近く揃えてあり、店員さんとコミュニケーションをしながらテイスティングも可能です。

f0075745_22583953.jpgこちらの写真ではちょうど男性が第一品目を決めていますね。『う~ん、どれにしよう?』みたいな。一般的に中華料理とは、日本人向けに味付けや調理法が工夫された創作料理を指し、中国料理とは、中国本来の料理を指すといった使い分けがされているそうです。だから『中華食べに行こう!』と誘われたら『あ、日本人風にアレンジされた料理ね!』とお考え下さい。

f0075745_2259281.jpg中国料理は2200年位前には現在の基礎ができていたといわれています。海外の料理や食材を積極的に取り入れていくことが中国料理の特徴でもあるそうですね。有名な言葉で「中国人は四足なら机以外、空を飛ぶものなら飛行機以外なんでも食べる」と言われているほど料理を多種多様に調理します。すごい!
f0075745_22592730.jpgこちらはチャーハンをメインに鶏肉のオレンジ風から揚げとインゲンのにんにく炒めのコンボ5・49㌦・650円です。中国料理は大きく分けて北京・上海・四川・広東の4つの料理があります。でも、pandaexpressはどこに属するのか不明でした。こちらでは最後は『追加料金で春巻きをお付けしますが?』と必ず聞かれます。余程おすすめなのでしょう。今度食べてます!

アメリカには多くの中国人の方がレストランを経営されています。その中でもpandaexpressは大きなチェーン店として成功しています。お父さんのレシピとアンドリューさんの努力がアメリカンドリームを実現させたのですね。これからも多彩な料理が楽しめそうです。では明日!

↓ラーメンマンが懐かしいです!今日もクリックお願いします↓
→人気ブログランキングへの一票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-05-07 00:40


<< 爪に打ち付けるなよ!      足を向けて寝ないようにします。 >>