会社辞めてアメリカに賭け、また日本に賭けました。

nkajino.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 28日

学習者が主体

『1-800-』とは、
アメリカの各企業が設置した、お客様相談室へ
繋がる直通番号の頭部分である。

大概は日本と同じで、音声ガイダンスから
担当オペレーターへ流れる。
機械と話して、人と話してである。

f0075745_8132273.jpg
今回、学校から出された課題は
『お客様相談室へ電話しよう』であった。
質問は各自で用意。

主旨は聞き取り能力の実践らしい。

付き合わされる企業は、さぞ迷惑だろうが
『学習者が主体』の企画、致し方なし。

アメリカのお客様相談室に電話することも初めてだが、
相談することがないのに、相談するというのも初めての経験。

f0075745_258857.jpg
電話だけということなら、普段は掛ける事のない
トヨタ自動車の高級ブランド『レクサスUSA』に電話。

滑らか過ぎて聞き取れない音声ガイダンスを8回聞き、
やっとのことで辿りついたオペレーターとは、2回に渡り2人と会話。

ようやく得た情報は、
『近隣店舗はポートランド市にあり、新車のパンフレットは10月まで来ない。』だけ。
レクサスが教えてくれた事は、
『知っていた知識と、知らなかった経験。』

とりあえず、明日はそのレポートの提出日。
『お客様相談室と相談できる、相談室の番号を教えて下さい。』と相談したい。
レポートが終るかどうかは別として、
アメリカは色々と経験させてくれる。

<メモ欄>
・風邪完治。
・フランス系アメリカ人のクリスさん。家では全員フランス語。
・タイ出身のヌックさんから『国王様、長生きして。』というリストバンドをもらう。
 明日から身に付けて行くべき物なのか。そこは任意と信じたい。

お帰りの際に、下のランキングを一回クリックして頂けますでしょうか?
→人気ブログランキング!Lets Click!!←
[PR]

by nkajino | 2006-09-28 00:00 | america


<< 優しさとお金の匂い      私は未熟 >>