会社辞めてアメリカに賭け、また日本に賭けました。

nkajino.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 11日

歩道橋の上から

昨日のブログに掲載したプレゼンテーションが終わった。
一人の持ち時間は8分。
8分とは480秒。話す方も聞く方も長く感じる時間。

誰かがプレゼンテーションをする間、
聞き手は自分のレポートの修正箇所に躍起。

どこかで見た光景。
思い出す。カラオケボックスでの歌い手と聞き手。
誰かが歌っている間、自分の曲を選曲している光景に似ている。
私としては、心の耳を傾けてくれているかが大事。
でも、心の耳に問いかける英語を私は知らない。

f0075745_2235087.jpg
学校の教室にはアインシュタイン博士の写真が貼ってある。
学校と直接の関係性はないが、物理学では大きな存在。
アインシュタイン博士が小学校の時に想像した有名な話で、
『光と同じ速さで進む宇宙船を造ったら、
並走する光は宇宙船の窓からどんな風に見えるか。』がある。
小学生の考える事ではない。

私が小学生の頃は、猫を追いかけたり、歩道橋の上から唾を垂らしたり。
違う意味ではアインシュタイン博士より創造力豊かだが、
今、何の為にもなっていないのは確か。

f0075745_611921.jpg
アインシュタイン博士ではないが、毎日が光の速さで過ぎて行く。
そろそろ考えるのは来年の事。
毎日を無駄にしてはならないと心の声。
やるべきことをやろう。まぁ、なんとかなるか。
何とかならなくても、命が取られる事は無い。
私の人生ゲーム、失うものは何もなかった。

<メモ欄>
・構内の個別指導教室に行く。担当のダニエルさんと自己紹介で30分が終了。なんだろう。
・英語の課題でペアを組む事に。私のペアは2人ともベトナム人の主婦の方。主婦の友。
・ポートランドー成田の往復航空券。シアトルで1回乗り継ぎ678㌦。

連載終了まで残82日。いつもクリックありがとうございます!
→読者の一票がブログランキングに参加しています。←
[PR]

by nkajino | 2006-10-11 00:00 | america


<< まだ房総半島沖      とりあえず、安全運転 >>