会社辞めてアメリカに賭け、また日本に賭けました。

nkajino.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 13日

ひとつしかない花

大学構内には、大なり小なり売店がある。
どこの店も、そこそこに繁盛している様子。
立地条件が良いというのは絶大で、
オンリーワンの威力というのを垣間見れる。

何の商売でも、そこにしかないというのは強い。
しかし、SMAPの歌ではないが、
ひとつしかない花というのは
消費者の視点からすれば、いささかの不便さは否めない。

ただ、もう一店欲しいか?といわれても、きっといらない。
気まぐれとはこういう事なのだろう。

f0075745_7365128.jpg
そういえば、英語を聞き入る生活の中で、
聞き取り能力に関して、手応えを感じるようになって来た。

何というか、英語が頭のフィルターに引っ掛かるというか。
話す方はまだまだなのだが、聞き取りに関しては確かに手応え。
何を話しているかは、正確に理解できないが
何を話しているかは、大まかに感じられる。
野球でいうならば、投球は打てないが球筋が見える感じだろう。

ナンバーワンとオンリーワン。
どちらも大事な1番に変わりはないが、
まずは英文法のチャプターワンから振り返ろう。
英文法は1番からが一番大事。

f0075745_804540.jpg
ここ最近のブログを振り返り、
腐っていた自分に気が付がついた。
意欲と成果は相対するもの。

雲の上を散歩しているのとはわけが違う。
肩に力を込める余り、地から足が離れていた。
これまでもは大事だが、これからが大事。

とりあえず、粗点を挽回しなければ。
頭を過ぎる、七転び八起き。

<メモ欄>
・野球の硬式ボールは、地面に投げて遊んでは行けないとの事。球が痛むらしい。
・髪が伸びてきた。2回目の坊主頭にするか検討中。
・アメリカ人のエリックさん。12月に北海道旅行を計画。一人旅。
・売店のお姉さん。長崎県佐世保市で3年間生活経験あり。

連載終了まで残80日。いつもクリックありがとうございます!
→読者の一票がブログランキングに参加しています。←
[PR]

by nkajino | 2006-10-13 00:00 | america


<< 何々の秋      まだ房総半島沖 >>