2006年 10月 14日

何々の秋

韓国では、番組の前後5分間に、
テレビCMが集中して放映されると聞いた。
一端番組が始まれば、
途中停車がないまま終点に向かうとの事。

韓国人留学生のウンさんは、
『CMとはトイレに行く時間。』という。
映画の上映前と似た状況なのだとか。

視聴者には良い話でも、スポンサーには泣ける話。
笑いと涙は表裏一体なのだと学ぶ。

f0075745_9151215.jpg

近所で遊ぶ4、5歳の子供達。
飛び交う言葉は、私が学校で習っている現在進行や、過去完了が
普通に使われていた。

女の子を後ろに乗せた男の子。
二人からは、違った意味の現在進行。
二人の間が過去完了にならない様に、私は退散。

f0075745_916169.jpg
ところで、
何ということか、10月ももう半分。
秋といえば秋だが、何々の秋という実感はない。

四季の変化と、四季のうつろい。

冬が来る前に、秋に何かをやり残そう。
動物達みたいに脂肪を蓄えるか。

『大きくは 体じゃなくて 人として』
秋の句が上手くできたところで、今日はお開きにしよう。
食欲もブログも、8分目が大事。

<メモ欄>
・ハロウィーン中、玄関の明かりを消したお家は、菓子の提供を辞退したお家。
・構内でココアを無料配布。よく見かける光景なのだが、どうしてやっているのだろう。
・『ディズニーランドで働いてみませんか?』活動が始まる。インターンらしい。
・最低気温・3度/最高気温・25度。風邪が流行。

連載終了まで残79日。いつもクリックありがとうございます!
→読者の一票がブログランキングに参加しています。←
[PR]

by nkajino | 2006-10-14 00:00 | america


<< 何とない自分の掟      ひとつしかない花 >>