2006年 12月 12日

12月12日

日記を付けているわけではないが、
去年の12月12日は
スターバックスでラテを作っていただろう。

未知の世界に進む事と、
既知の世界に留まる事。
天秤に乗せていた事を思い出す。

アメリカに来た事は大きい。
見えるものと見えないものと。

f0075745_1623571.jpg
※写真はポートランド市の劇場の階段。写真のドゥルーさんの彼女はもうすぐ韓国へ帰国。

今日、芸術家の人に写真を見てもらった。
至近距離の写真に高い評価。

大切なのは
色合いと、対象物同士の物語。
それらが組み立てられると良い写真になるらしい。

アメリカ生活の中で、自分が活動した範囲は
地図の中では小さな点。

まだまだ、知らない場所や出会いがあるのだろう。
あなたが知らない世界と、あなただけが知らない世界と。

f0075745_1625222.jpg
※写真は国際空港付近の高速道路。大統領が遊説に来る際は封鎖。狙撃手が並ぶとか。

洗濯を終えた自分のパンツをたたんでいる時、
『もうこれは、引退ではないか?』と思えるパンツが
数枚あることに気が付いた。

でも、自分の理念は終身雇用。
働けるうちは働ける。である。

ゴールは皆で切りたいから。

<メモ欄>
・自宅に水道管工事。水は大切。
・日清のカップヌードル。日本からの輸入品は1ドル69セント。
・今日だけで納豆を2個食べる。血液がサラサラになるのは本当か?
・12月12日全財産 122ドル7セント / 収支-10$ = 112ドル7セント  

最終回か継続か、読者の支持で決まります。最終回まで19日。
→人気ブログ投票に参加しています。ここを1クリックで1票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-12-12 00:00 | america


<< 大切な時間      意義有る一日 >>