会社辞めてアメリカに賭け、また日本に賭けました。

nkajino.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 03日

哀愁

将来の夢を語るとき、
大きな夢を語る事も大事だが、
確実な夢を追いかける事が
大事なのだと学んだ。

例えるなら、1億円を夢見るより、
まずは10万円を20万円にすることから
追いかけよという。

確実な夢こそが一番大事なのだと知る。

教えてくれたのは豊臣秀吉。

アメリカと関係のない先人から学ぶ自分。
学びと出会いは自分から。

f0075745_1303083.jpg
※写真は消防署の洗濯部屋。洗剤の多さに仕事の量が比例する。

自宅から車で10分ほどの場所に、
貨物列車の線路がある。

夜になると汽笛を鳴らして走って
いるのが聞こえてくる。
それが何とも哀愁漂う音色。

最近は同じ時間になると、
コヨーテの遠吠えが盛ん。
それもそれで哀愁漂うが、

さらに同じ頃、隣家の高校生の
女の子がミュージックをかける。
それもそれで哀愁あるのだが、

全部が同時に重なると、
私に哀愁が漂う。

何でも適度が良い。

f0075745_12562488.jpg
※写真は消防車の水圧バルブ。どれがどれなのかは想像で。

2週間ぶりに学校へ行く。

社会人生活を辞めてから1年。
この学生生活もすっかり定着。

何となく気分も若い。

とりあえず、今学期最初のクラスはギター。

人生の音色を奏でたい。

<メモ欄>
・ガソリン価格が1ガロン3ドルの大台へ。大きいのは、燃費の良い日本車への注目。
・国際線への持ち込み手荷物の規制やや緩和。液状の化粧品可。ただ要確認。
・桜が全て散る。同時に葉が全開。木々に休まる暇なし。
・留学情報誌への掲載は来月号から。

昨日現在・読者支持率 29  % 
→人気ブログ投票に参加しています。ここを1クリックで支持率が上がります。←
[PR]

by nkajino | 2007-04-03 00:00 | america


<< 日本人      この企画 >>