2007年 04月 18日

重厚感

昨日、学校で日本文化を紹介する
『さくら祭り』というのが開催された。

日本好きなアメリカ人の学生さんが
模造刀の日本刀を持ってきていた。

重厚感ある美術品の刀剣。
刃も皮鉄に心鉄に刃金と、大変によく出来ていた。

鑑賞しすぎた為か、
『刃に指紋がたくさん付いているじゃないか!』と
持ち主のアメリカ人に怒られた。

一番の切れ味は彼自身。

f0075745_14471490.jpg
※写真は学祭の参加者、マイケルさんが着ていたTシャツ。東京で購入とのこと。

授業のひとつのフィルムカメラのクラスで、
光と影をフォーカスする内容があった。

私の写真がクローズアップされ、
『光が強すぎる』との評価がおりた。

ところが、一人の女子学生さんが
『私は好きよ。』と言い出した。

その彼女、先生からどの部分が好きなのか
質問を受けると、はっきりとした口調で返答していた。

しかし、この英語が速くて聞き取れない。

外国人を恋人にした人は、第二言語の習得が
目覚しいと聞くが、相手の話を一所懸命に聞くからであろう。

とりあえず、ドラえもんの『ほんやくコンニャク』が欲しい。

f0075745_14474878.jpg
※写真は夕陽の逆光。オレゴン州・ブリッジポート。

アメリカの求人雑誌を開いてみると、
『寿司職人急募』とあった。

お寿司は根強い人気だという。

『ビザ発給のサポートに能力給に応えます』
とまで書いてある。

寿司職人の活路は広い。

<メモ欄>
・バージニア州大学で銃乱射事件が発生。ワシントン州も先月同様の事件。
・学校の売店のプレッツェルスナックは、大きめのが3個で50セント。
・友人宅の猫は肥満方。


昨日現在・読者支持率  28  % 
→人気ブログ投票に参加しています。ここを1クリックで支持率が上がります。←
[PR]

by nkajino | 2007-04-18 00:00 | america


<< 3世代      さくら祭り >>