会社辞めてアメリカに賭け、また日本に賭けました。

nkajino.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 13日

心に響く

更新時間に夢の中だったため、
すっかり寝過ごす。

f0075745_14332577.jpg
※写真は夕方のポートランド市。1890年頃のビルが多く残る。

オレゴン州・ポートランド市からビーバートンという町へ
抜ける緩やかなカーブの路肩には、速度取締りの計測車がいつも停まっている。

アメリカでは、スピード違反の車に対して、違反切符が
後日郵送されてくる仕組みである。

アメリカでの違反運転は、全て罰金制度となっているらしい。
免許証にポイントはないのが特徴。
しかしポイントがない分、違反を行うと、加入している保険会社への掛け金も
自動的に増える仕組みだという。

アメリカ社会は、実に合理的に出来ている。

警察つながりで話はそれるが、数年前、東北八戸道を走行中、
追い越し車線だけを走行していたら、パトカーに違反切符を切られた。

理由は
『走行車線に車がいないのに、追い越し車線を
1.2キロ以上走行した、通行帯違反です。』とのこと。

1点減点の罰金6000円。

お巡りさんが最後に言った『追い越し車線を走り続けて良いのは、出世街道だけ』という
言葉が妙に懐かしく思い出す。

違反者へは、心に響く言葉が一番である。

f0075745_14333975.jpg
※写真はポートランド大学脇にある、郵便局の集配室。お仕事はもう終わりの時間。

お陰さまで、寝違えた首の痛みが良くなった。
人間の自然治癒力というのは実に素晴らしい。

人生に於いて、振り向く事は良くないというが、
生活に於いては、振り向けない事はとても辛い。

アメリカの床事情は、基本的に枕の数が多い。
寝違えた最大の理由は、枕を全部重ねて寝たことによる、
頚部圧迫だと断定。

枕を高くして寝るという言葉も、寄りにけり。

<メモ欄>
・私の電動歯ブラシが、その生涯に幕を閉じた。でも歯ブラシがないのでまだ使用。浮かばれず。
・今日は風呂掃除。

昨日現在・読者支持率 35 % 
→人気ブログ投票に参加しています。ここを1クリックで支持率が10ポイント上がります。←
[PR]

by nkajino | 2007-05-13 00:00 | america


<< 何かしら      終日『弱』 >>