2007年 09月 21日

違った色

アメリカで営業している
日本の居酒屋さんに足を運んでみた。

向かったのは、オレゴン州・ビーバートンという
世界最大のスポーツメーカー『ナイキ』の本社がある町。

まぁ今回、料理とナイキに関係性はないが、
そのお店は料理以外にも、日本酒や焼酎の品揃えで
定評があると聞く。

感動したのは、下の写真の様に
無理して書いたお品書き。

はじめの字を大きく書いたのか、
後に続く字がやや窮屈に見える。

そこまでしてこだわったんだなぁ、、、と涙。

f0075745_16492987.jpg
※写真はそのお品書き。上手に撮ったつもりがやや不明瞭な写り。申し訳なし。

自宅からすぐそばの場所に、
『パークローズハードウェア』という家庭用工具店のお店がある。

大分以前にも伝えたが、
そこの従業員さんたちは大半が高齢の熟練工で、
多少の故障は『買わずに直せ!』というポリシーで接客している。

『割れているならセロテープを貼れ。』
『電気が点かないならコンセントをさし直せ。』
『曲がっているなら曲げ直せ。』という感じである。

先日、そのお店の営業時間を知ったのだが、
夕方早くに閉まって、朝早くに開くという。

お客様に合わせた営業時間でなく、
合わせたのは熟練工の就業時間。

実に粋なお店。

信頼と信用が成せる業。

f0075745_16494328.jpg
※写真はバンクーバーダウンタウンにある小さなカフェ。お姉さんが一人で切り盛り。

このブログを書いて身に付いたのが、
『判定をしない判定』という表現。

万人の読者が閲覧する為、何かを表現する際に
黒白を判定しないという書き方である。

グレーに書くのでなく、違った色を見出す文体が大事。

ちょっとそんな感じで書くと
ブログはもっと面白くなる。

どうしてこんな事を書いたかというと、
読者の方からリクエストにより。

ブログは意外と奥が深い。

広告欄

★海外から日本のテレビをみたい→ロケーションフリーハウジングサービス
★通話料無料テレビ電話サービス→キャッツテレビフォン


<メモ欄>
・アメリカから日本へ自動車を輸送すると輸送費が約30万円。他に車検費用等が計上。
・『北海道の珍味を食す会』というのを開催との情報。
・秋風が次第に冷たく、夜になるとワシントン州の気温は10度前後。
・今学期、新しい日本人留学生は3人。

昨日現在・読者支持率 47 % 

→人気ブログ投票に参加しています。ここを1クリックで支持率が10ポイント上がります。←
[PR]

by nkajino | 2007-09-21 00:00 | america


<< フィードバック      嗜む >>