会社辞めてアメリカに賭け、また日本に賭けました。

nkajino.exblog.jp
ブログトップ

2006年 03月 21日 ( 2 )


2006年 03月 21日

120億円。

POWER BALL』という宝くじはアメリカの宝くじの中でも当選金額がグンを抜いています。毎週抽選が行われ、当選には1つのパワーボールと5つのメインボールを当てることが
必要とのこと。
1等は賞金が120億円!!120億あれば、
F-15戦闘機が1機買えます。
公立小学校が12校造れます。
銀行に預けて翌日全額引き出すといえば、銀行の頭取が会いに来てくれます。

f0075745_401618.jpgアメリカ人は宝くじが大好き。ご覧のように日本の宝くじ売り場と同じようなブースが、モールの中にあったりします。
f0075745_404555.jpgただ、日本との違いはスクラッチタイプの宝くじが多い事。このタイプの宝くじが人気です。ちなみにPOWER BALLはレシートタイプです。
f0075745_411559.jpg待ちに待った当選日に皆が注目するのはこのキャリーオーバーの数字。この数字が増えていたら当選者はなし。更に当選金額が上乗せされます。

実際に当選後は連邦税などで70億円ほどになるそうですが、それでも毎日100万円を使い続けても20年はかかる金額ですから気が遠くなります。
以前テレビで、みずほ銀行の宝くじ販売担当の方が『宝くじを当てる最大のポイントは?』との質問に『買うことです。』ときっぱり答えてました。
まずは買うことからですね。

↓宝くじを買うお金がありません!クリックお願いします。↓
~人気ブログランキング~
[PR]

by nkajino | 2006-03-21 04:42
2006年 03月 21日

JUST DO IT!

スポーツ選手にとって『ナイキ』の言葉を耳にした事のない人はいないだろう。と言われるくらいナイキは有名な企業です。世界最大のスポーツメーカーナイキの本社はオレゴン州のビーバートンにあります。今日はそちらまで足を運んでみました。ちなみに日本のナイキジャパン本社は東京都品川区天王洲アイルにあります。りんかい線をご利用ください。

f0075745_013136.jpgナイキUSAは『ナイキワールドキャンパス』とも呼ばれています。その広さは74エーカー・57万平方フィート。よく東京ドーム何個分といいますが、計算してもよく分からない答えだったので、とにかく巨大。敷地には7つのビルがありまして、偉大なアスリート達の名前が冠されているそうです。写真は裏口ゲート。
f0075745_02658.jpgナイキ設立者はフィル・ナイトさんとバウワーマンさんのお二人。フィル・ナイトさんはオレゴン大学の会計学の学生さんでした。バウワーマンさんはフィルさんの中距離ランナーの監督をしていました。このバウワーマンさん、1974年にナイキを有名にした、ワッフルからヒントを得た『ワッフルトレーナーシューズ』を開発した人だそうです。二人が最初に作った会社は『ブルーリボンスポーツ』。写真は横のゲート。

f0075745_022329.jpgナイキのロゴマークはポートランド市立大学のグラフィックデザインを学んでいた、キャロライン・デヴィットソンという方が35ドルで描いたそうです。このロゴマーク「スウッシュ」といいます。こちらがメインゲート。

久し振りの好天もあって、ナイキ本社の周辺でジョギングを楽しむ人が何人もいました。今日の写真はゲートばかりでしたがお楽しみいただけたでしょうか。私は門のマニアではありませんが、敷地が広大すぎて外から撮れるのがこれくらいでした。
それから『JUST DO IT!』は1988年に作られた最高傑作の広告なんですって。あきらめるな!信じた事をやれ!確かに良い詞です。

↓JUST DO IT!クリックお願いします。↓
~人気ブログランキング~
[PR]

by nkajino | 2006-03-21 00:00