会社辞めてアメリカに賭け、また日本に賭けました。

nkajino.exblog.jp
ブログトップ

2006年 04月 18日 ( 1 )


2006年 04月 18日

推理は楽しいですよね。

今はもう衰退しましたが『王様ゲーム』がひと昔前にに流行ましたね。
一番きつかったのが宴会開始直後にあった『2番と6番がとりあえずここ奢り!』
王様の言うことは絶対ですからね。究極の命令です。
さて、今回は兄の友人宅でディナーの集いがあると聞いて同行してきました。

f0075745_16465435.jpgこちらは料理人の『ジョシュさん宅』オレゴン州ポートランド市にお住まいです。この界隈の住宅は大体平屋作りです。2階がない分、地下室が完備されています。ビリヤード場にしたり、物置にしたり、洗濯機を置いたり。
用途は様々です。

f0075745_16521987.jpg皆さん着席されて、胸には名札を付けています。でも、決して恋人探しに来たわけではありません。皆さんは昔からの友達です。

f0075745_1652091.jpg各席には名札と、こちらのパンフレットが置いてあります。今回の夕食会の2週間ほど前に招待状と共に当日のゲームの役柄を指示された手紙が届きます。細かな配役と説明です。ある人は『ラスベガスのミュージシャン』だったり、『ティアラを冠した美しい女性』だったり。当日はその役柄を演じてパンフレットの指示に従います。

f0075745_16542376.jpgパンフレットには『ある結婚式で殺人事件が発生した!各ヒントを元に犯人を推理せよ』とあります。各人は犯人が誰かを知りません。アペタイザーでめくるページや、サラダでめくるページとデザートまで行き着く間に開くページが指示されています。だから食べながら楽しめます。

f0075745_16525138.jpgf0075745_1653688.jpg各人のお皿の下には隠されたヒントカードがあります。詳細な情報と各人の持ったパンフレットの中身をいかに聞き出し推理するかがこのゲームの醍醐味なのだそうです。最後のページをめくるまで誰も自分が犯人だとは分からないそうですよ。
ドキドキですね。
f0075745_16512929.jpgこちらのゲーム『A muder myster dinner game』と呼ばれています。
お値段が幾らか確認し忘れました。
でも8人~10人用のパーティー向けゲームです。英語が分からないので参加してしてませんが、参加された方は『楽しかったよ!』
『日本で流行るかも知れないよ!』と評価は高いです。流行るかなぁ?

お酒のある席で王様ゲームもあれば、推理ゲームもあります。
お国により仲間との楽しみ方は様々ですよね。英語がもっとできるようになったら
是非参加してみたいゲームのひとつでした。う~ん。推理は楽しいですよね。
ポートピア連続殺人事件が好きでした。ではまた明日!

↓ポートピアの犯人はヤスでした!今日もクリックお願いします↓
→人気ブログランキングへの一票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-04-18 00:00