会社辞めてアメリカに賭け、また日本に賭けました。

nkajino.exblog.jp
ブログトップ

2006年 05月 09日 ( 1 )


2006年 05月 09日

グワカモレはじめました。

今日はアメリカに来てから一度も足を運んだことがなかった『TACO BELL』に行ってみました。メキシコ料理については前回の『ハバネロの辛味は、30万スコヴィル』でいくつかお伝えしていますので、今日はタコスについて簡素的に書きますね。

f0075745_22312962.jpgこの日は土砂降りの日曜日。夕飯は近所のTACO BELLで持ち帰ることにしました。タコベルはタコスのお店です。お値段がお手頃価格で、小額でお腹がいっぱいになることでも有名です。タコスに使用するトルティーヤはメキシコ料理には欠かせない国民食のひとつです。「タコス」とは複数形の名称で、単数形は「タコ」になります。
f0075745_22323478.jpg店内は数人のお客さんがいるだけで閑散としていました。タコスとはトルティーヤに具をはさんで、サルサをつけて食べる料理です。具には主に挽肉、レタス、トマトなどが使われます。タコベルはGlen Bellさんという方が1962年3月カリフォルニア州ダウニーにお店を出して始まりました。現在、全米5800店舗までその数を増やし、米国のメキシコ料理の最大手として営業しています。
f0075745_2233650.jpgアメリカのファーストフードのお店の大きな特徴に『ドリンク飲み放題』システムがあります。レジでは空のカップのみ渡され、ドリンクディスペンサーで好きなだけ飲むことができます。日本でも一部の飲食店で同様のサービスを行っていますね。ただ、アメリカはカップのサイズが大きいので1杯で充分です。日本のコカコーラは原液を未だに米国コカコーラから仕入れています。なので、日本ではこのシステムはコストが高くなることがあります。この文化が日本にもっと広がるといいのになぁ。
f0075745_22341963.jpg午後からの急な大雨により、店内で食べている人はまばら。皆急いで家路に着いていました。サルサソースにはチリベースの辛い物と、別ものにアボガドを使ったグワカモレがあります。グワカモレとはトマトや食塩と、アボガドをすり潰して作った独特のコクがある鮮やかな緑色のペーストです。ずんだもちより更に深緑の色です。

f0075745_22344510.jpgこのフード8点、ドリンクLサイズ3点が付いて16ドル・1700円ほどです。あ、1点入れ忘れがあったので商品は全部で12点です。安い!!日本の沖縄ではトルティーヤの代わりにご飯を用いたタコライスが有名ですが、これは1960年代に米軍占領下の沖縄で考案されたそうです。『あ!ご飯と混ぜたら美味しいかも!』ってなったんでしょうか。その場所にいたかったです。
アメリカに来て色々な国の料理を食べましたが、日本の文化と違う多くの料理が存在します。先ほどのグワカモレはマグロの刺身と和えても美味しいそうです。マグロの刺身はお醤油しか発想がなかったですからね。世界は広いなぁ。将来お寿司屋さんで『グワカモレはじめました』と見かけたら『マグロと和えてね!』と注文してください。そしたら皆から『この人もの知り。。。できるわ!』と尊敬されること間違い無しですよ!ではまた明日!

↓英語の上達は本当にゆっくりです!今日もクリックお願いします↓
→人気ブログランキングへの一票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-05-09 00:00