会社辞めてアメリカに賭け、また日本に賭けました。

nkajino.exblog.jp
ブログトップ

2006年 05月 28日 ( 1 )


2006年 05月 28日

遅くなりました!更新しました。

お待たせしました!さて、続きです。私が学校に通うようになって『ヘイ!のぶ!クラブは何か入ってるか!?』と声を掛けられることがあります。英語が全然わからない私は、成り行きで『国際文化クラブ』というクラブに顔を出すようになりました。活動は世界中から来た留学生たちが、毎週金曜日のミーティングに集まり、翌週の週末に何をしようか話し合うという大変にゆるい活動をしています。

f0075745_13123576.jpg今回は『ラオス出身のGさんのお家で手巻き寿司パーティーをする!』というアバウトな活動に参加して来ました。写真は買出しのGさんです。私はGさんの本名を知りません。取り合えず『俺のことは、Gと呼んでくれ!』というので『G!』です。
f0075745_1313663.jpgGさんは16歳の時に、政治的理由でラオスからご家族と共にアメリカへ移住してきたそうです。ラオスという国ですが、正式名称をラオス人民民主共和国といいます。東南アジアの内陸国で、資源貧しく経済的に厳しい情勢のお国だそうです。写真は刺身用のお魚を物色中のGさんです。
f0075745_1313452.jpg買い物途中に『あ!イクラがない!』となって、急遽ロシア食品の専門店まで来ることになりました。ロシア食品の専門店なら、新鮮なイクラが手に入るそうです。Gさんは物知りです。Gさんはアメリカに来てから様々な経歴をお持ちです。中でも、何年か前に日本料理のお店で板前さんを経験していたことがあり、そこでお寿司の作り方を学んだそうです。
f0075745_13141360.jpg私はこの『国際文化クラブ』の正式部員ではないのですが、何故かいつも声を掛けられるので参加します。でも、お陰で世界中の人たちと友達になれました。日本でラオスの人と友達になるなんて思いもしませんでしたしね!しかし、今までに一度も活動費を払った事がありません。良くはないけれど、悪くもないのでしょうか?ラオスの国民は大多数が『ラーオ族』の方たちだそうです。
f0075745_13151855.jpg写真はGさんのお住まいがあるアパートです。学校から車で10分程の丘の上にあります。周囲は木々が大変に豊かです。Gさんは母国で『ラーオ語』という言語をお使いになっていました。ラーオ語では『トイレットペーパー』を『パーアナーマイ』と言います。
f0075745_13155510.jpg部屋に着くと手際よくお魚をさばいていきます。ラオスは国民の60%が仏教徒です。Gさんも仏教徒です。ご実家には仏壇もあるそうですよ。日本と起源が似ているのでしょうか、納豆も抵抗なく食べれたそうです。この日の用意は全部で10人分!腕がなります!
f0075745_13161477.jpg用意する事1時間。ようやく完成しました。って、写真じゃ分からないですね。手前のお皿は、さばいたお魚の皮にガーリックソルトをふりかけてオーブンで焼いたものです。これが結構美味しいんですよ。でも、冷めると急激に美味しくなくなります。熱いうちが食べごろです。
f0075745_13164581.jpg完成から30分ほどすると皆が集まってきました。『何だよこの食べ物!?』と皆さん興味深々です。先ほどご紹介した『さばいたお魚の皮にガーリックソルトをふりかけてオーブンで焼いたもの』ですが、冷めてしまったので『不評』でした。遺憾の意です。しかし、それ以上に大問題が発生しました。カメラのバッテリー切れです。写真はここにて終了。。。
なんだかメタメタな記事でしたが、夜中の1時まで盛り上がる盛況振りでした。英語がもっと喋れたらもっと楽しいのになぁと考えながらの帰宅。日本からラオスに行く際は『日本ラオス政府観光局日本事務所』で取得するビザが必要になります。(観光ビザ 最大滞在日数15日間 シングルビザ)になるそうです。明日はきちんと更新します!それではまた明日!!
『Gさん!お寿司ご馳走様でした!』

↓あ、イクラは10ドルでしたが美味でした!今日もクリックお願いします↓
→人気ブログランキングへの一票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-05-28 00:00