会社辞めてアメリカに賭け、また日本に賭けました。

nkajino.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 10日

Spelling Bee

世の中には優れた能力を持ったお子さんがたくさん存在します。水泳の得意な子、暗算が得意な子、ピアノの得意な子。今日は米国の暗記の得意な子が競い合う『スペル暗記大会』通称(スペリング・ビー Spelling Bee)という大会をご紹介します。これは英語のスペルの正しさを競う16歳以下の子供達を対象とした大会です。日本の難しい漢字検定大会みたいな感じでしょうか。

f0075745_15512432.jpg写真は学校近くのスターバックス。お洒落なお店です。第一回目の全米スペル暗記大会は1925年にワシントンD.C.で開催されました。最初の参加者はたったの9人だとか。日本は大正14年。東京放送局(後のNHK)がラジオ放送を開始しています。その時の第一声は京田武男アナウンサーによる「アーアー、聞こえますか。JOAK、JOAK、こちらは東京放送局であります。只今より放送を開始致します」です。

f0075745_1552455.jpg話がそれました。米国スターバックスは現在『Spelling Bee』を題材にした映画『Akeelah and the bee』に協賛しています。内容は母親に反対されながらも、11才の女の子(ケケパーマー)がLarabee博士(ロレンスフィッシュバーン)と近所の人達によって助けられ、大会に勝ち進んでいく映画です。困難に立ち向かう事の大切さを描いているそうですね。今の私の翻訳能力は、残念ながらこの程度です。

f0075745_15514436.jpg写真の椅子は、お店にある『Spelling Bee地区大会優勝者の指定席』凄い座りたい!!大会はステージ脇にいる出題者から単語を口頭で出される形。参加者はその単語のスペルを口頭で回答します。一つでもアルファベットを間違えると、即退場となります。大人も使わないような言葉を正確なスペルで答えていきます。厳しいですね。
f0075745_15504675.jpg全米優勝者になった子どもには大統領に会えるという名誉が与えられます。現在に於いて、この大会は大変に権威高いものです。子供たちは分からない単語が出題されても、簡単にあきらめず、単語の語源や意味、使い方や発音、単語を用いた例文を質問することができるそうです。暗記だけでない総合的な学習能力が求められるわけですね。う~ん。奥が深い。最後まであきらめず挑戦する姿勢が、きっとその後の人生に役立つことでしょう。
終わりに日本の(Spelling Bee)にあたる、漢字検定1級の中から1問ご紹介。『鹿』と言う文字が三つになった(『森』の字の形です)33画の漢字が出題トップで出るそうです。この漢字は音読みを「ソ」・訓読みを「あら(い)」と読みます。パソコンにも登録されていない漢字ですから、余程の漢字なのでしょう。漢字も大変ですね。今日はもっと簡単に書くつもりでしたが、活字の多い内容となりました。諦めずに挑戦し続けること。それが成功の鍵ですね。それではまた明日!

↓明日でアメリカに来て2ヶ月です!今日もクリックお願いします↓
→人気ブログランキングへの一票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-05-10 00:00
2006年 05月 09日

グワカモレはじめました。

今日はアメリカに来てから一度も足を運んだことがなかった『TACO BELL』に行ってみました。メキシコ料理については前回の『ハバネロの辛味は、30万スコヴィル』でいくつかお伝えしていますので、今日はタコスについて簡素的に書きますね。

f0075745_22312962.jpgこの日は土砂降りの日曜日。夕飯は近所のTACO BELLで持ち帰ることにしました。タコベルはタコスのお店です。お値段がお手頃価格で、小額でお腹がいっぱいになることでも有名です。タコスに使用するトルティーヤはメキシコ料理には欠かせない国民食のひとつです。「タコス」とは複数形の名称で、単数形は「タコ」になります。
f0075745_22323478.jpg店内は数人のお客さんがいるだけで閑散としていました。タコスとはトルティーヤに具をはさんで、サルサをつけて食べる料理です。具には主に挽肉、レタス、トマトなどが使われます。タコベルはGlen Bellさんという方が1962年3月カリフォルニア州ダウニーにお店を出して始まりました。現在、全米5800店舗までその数を増やし、米国のメキシコ料理の最大手として営業しています。
f0075745_2233650.jpgアメリカのファーストフードのお店の大きな特徴に『ドリンク飲み放題』システムがあります。レジでは空のカップのみ渡され、ドリンクディスペンサーで好きなだけ飲むことができます。日本でも一部の飲食店で同様のサービスを行っていますね。ただ、アメリカはカップのサイズが大きいので1杯で充分です。日本のコカコーラは原液を未だに米国コカコーラから仕入れています。なので、日本ではこのシステムはコストが高くなることがあります。この文化が日本にもっと広がるといいのになぁ。
f0075745_22341963.jpg午後からの急な大雨により、店内で食べている人はまばら。皆急いで家路に着いていました。サルサソースにはチリベースの辛い物と、別ものにアボガドを使ったグワカモレがあります。グワカモレとはトマトや食塩と、アボガドをすり潰して作った独特のコクがある鮮やかな緑色のペーストです。ずんだもちより更に深緑の色です。

f0075745_22344510.jpgこのフード8点、ドリンクLサイズ3点が付いて16ドル・1700円ほどです。あ、1点入れ忘れがあったので商品は全部で12点です。安い!!日本の沖縄ではトルティーヤの代わりにご飯を用いたタコライスが有名ですが、これは1960年代に米軍占領下の沖縄で考案されたそうです。『あ!ご飯と混ぜたら美味しいかも!』ってなったんでしょうか。その場所にいたかったです。
アメリカに来て色々な国の料理を食べましたが、日本の文化と違う多くの料理が存在します。先ほどのグワカモレはマグロの刺身と和えても美味しいそうです。マグロの刺身はお醤油しか発想がなかったですからね。世界は広いなぁ。将来お寿司屋さんで『グワカモレはじめました』と見かけたら『マグロと和えてね!』と注文してください。そしたら皆から『この人もの知り。。。できるわ!』と尊敬されること間違い無しですよ!ではまた明日!

↓英語の上達は本当にゆっくりです!今日もクリックお願いします↓
→人気ブログランキングへの一票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-05-09 00:00
2006年 05月 08日

爪に打ち付けるなよ!

私の登録しているエキサイトのサーバーが調子が悪いらしく、どうもうまく接続できませんが、大丈夫か不安です。日本もゴールデンウィークが終わりました。これから会社で気が重い人もいれば、接客業の人はようやく忙しさから開放された気分だと思います。アメリカにはゴールデンウィークがないのでいつもと変わらない週末でした。今朝は早朝から自宅の空いているスペースをオフィスに改修する大工事でした。大工さんの仕事を目の当たりにするのは小学校1年生の時以来です。

f0075745_0111489.jpg工事は朝7時半から。工事を請け負ってくれたのはテリーさん。この道11年の大工さん。オレゴン州セーラムという街から1時間かけて来てくれました。これはテリーさんのトラック。中には色々と興味深いものがギッシリと満載です。小学校1年生以来の大工さんのお仕事ですから、再発見だらけです。
f0075745_0125982.jpgこちらは<Chalk Line・チョークライン>といいます。大工さんの3種の神器の一つといわれ、日本名は『墨つぼ』といいます。大工さんや石工さんが直線を引くのに使う道具ですね。昔、黒柳徹子さんの『窓際のとっとちゃん』で、とっとちゃんが学校の机に直線を引いて怒られていたのを思い出します。現在は墨ではなく、チョークが主流です。チョークがたっぷり入っているかは重要なポイントだとか。

f0075745_0123681.jpg先ほど紹介したテリーさんが、チョークラインで直線を引いています。アメリカの大工さんは半年の教育で一人前になります。明確な作業分担によるチームワークで住宅を建てて行くからです。それに対して日本の大工さんは、最低平均6~7年の修行を必要とします。これは、大工さんが一軒の家を最初から最後まで造るケースが多い為です。日本の大工は世界一といわれる裏には、高度な技量・知識による勘を必要とされているからなのでしょう。
f0075745_0133751.jpgテリーさんは手際よく作業されて行きます。こちらは部屋の梁の部分を造っているところです。使用しているのは<高圧ピン釘打機>といわれている工具です。空気圧により高速で釘を打ち付けます。『ドカン!ドカン!!』と大きな音がします。日本の大工さんは『ノミ』や『カンナ』をいかに使うかを得意としますが、アメリカの大工さんは『ノミ』や『カンナ』をいかに使わないかを得意とします。う~ん面白い。
f0075745_014762.jpgこれは高圧ピン釘打機に使用される『釘』のカートリッジです。釘は英語で『Nail・爪』といいます。語源がちょっと調べられませんでしたが、テリーさん曰く『爪に打ち付けるなよ!』ってところから来てるとか。そうかも知れませんね。
f0075745_0145511.jpgお昼過ぎには梁の部分もだいぶ完成しました。日本の大工さんの時給は平均2000円~3000円くらいだといわれていますが、アメリカの大工さんの時給は10㌦~12㌦・1200円~1400円程度が相場とのこと。日本のほうが高給です。これはお仕事の量の違いですね。
f0075745_0152171.jpg大工さんの道具は使い勝手が良いものばかり。これはドライバーとネジがひとつになっているもの。きっと日本にもあるでしょうね。アメリカの大工さんは木材の悪いところに注目して、その欠点が出ないように常々心掛けているそうですが、日本の大工さんは木材の良いところに注目して、それを生かそうと常々心掛けています。 工法の文化の違いでしょう。

f0075745_016759.jpgこちらは<Carpentar Pencil>と呼ばれる平たい鉛筆。丸鉛筆より強度に優れています。アメリカ人の大工さんは雨降りの日でも濡れながら仕事をしています。日本人の大工さんはお休みになるケースがあります。理由は道具が濡れるとか、滑って危ないとか、体調保全の為といった理由です。大工さんの労働環境は国それぞれです。
私は日本の大工さんの作業を見ると、とても大工仕事はできないと思います。でも、アメリカの大工さんの作業を見ると、自分でもできそうだと思えてきました。アメリカでは多くの人が高度な日曜大工をしています。 でも、何から造ろうかなぁと考えたら『英語の基礎工事』でした。ではまた明日!

↓完成した写真を載せ忘れました!今日もクリックお願いします↓
→人気ブログランキングへの一票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-05-08 00:00
2006年 05月 07日

お父さんのレシピ

世界の国の料理の中で『中国料理』は有名です。私が幼少の頃は葛飾区亀有に住んでいまして、中華料理といえば亀有駅の近くにある『あたり屋』さんが王道でした。ちなみにこちらのお店は『こちら葛飾区亀有公園前派出所の両さん』も漫画の中で、たまに出前を取っています。余談から始まりましたが、今日は全米34州とプエルトリコで展開するチャイニーズプレートランチのチェーン店。『Panda Express 』です。

f0075745_22483035.jpgこちらの会社は中国系アメリカ人のアンドリューさんが、お父さんの作る中国料理のレシピを参考に立ち上げたお店です。全米に800店舗以上展開するチャイニーズレストランの大手です。pandaexpress。。。直訳すると『パンダ急行』。ネーミングの由来はなんだろう?
f0075745_22581517.jpgpandaexpressではヤキソバかチャーハンをメインに2~3品のおかずを選びます。おかずは肉、魚、野菜などバラエティ豊かに20種類近く揃えてあり、店員さんとコミュニケーションをしながらテイスティングも可能です。

f0075745_22583953.jpgこちらの写真ではちょうど男性が第一品目を決めていますね。『う~ん、どれにしよう?』みたいな。一般的に中華料理とは、日本人向けに味付けや調理法が工夫された創作料理を指し、中国料理とは、中国本来の料理を指すといった使い分けがされているそうです。だから『中華食べに行こう!』と誘われたら『あ、日本人風にアレンジされた料理ね!』とお考え下さい。

f0075745_2259281.jpg中国料理は2200年位前には現在の基礎ができていたといわれています。海外の料理や食材を積極的に取り入れていくことが中国料理の特徴でもあるそうですね。有名な言葉で「中国人は四足なら机以外、空を飛ぶものなら飛行機以外なんでも食べる」と言われているほど料理を多種多様に調理します。すごい!
f0075745_22592730.jpgこちらはチャーハンをメインに鶏肉のオレンジ風から揚げとインゲンのにんにく炒めのコンボ5・49㌦・650円です。中国料理は大きく分けて北京・上海・四川・広東の4つの料理があります。でも、pandaexpressはどこに属するのか不明でした。こちらでは最後は『追加料金で春巻きをお付けしますが?』と必ず聞かれます。余程おすすめなのでしょう。今度食べてます!

アメリカには多くの中国人の方がレストランを経営されています。その中でもpandaexpressは大きなチェーン店として成功しています。お父さんのレシピとアンドリューさんの努力がアメリカンドリームを実現させたのですね。これからも多彩な料理が楽しめそうです。では明日!

↓ラーメンマンが懐かしいです!今日もクリックお願いします↓
→人気ブログランキングへの一票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-05-07 00:40
2006年 05月 06日

足を向けて寝ないようにします。

すっかり更新が遅くなりましたが、身分証明書の発行をして参りました。
アメリカではアルコール類やタバコの未成年への販売を厳しく禁止している為に
『従業員から30歳以下に見られた場合』年齢確認をされます。その際は身分証の
提示が義務付けられていす。身分証明に付きまして多くのアドバイスを頂きました。
ありがとうございました。皆様に何と感謝したら良いのかわからないので取り敢えず
足を向けて寝ないようにします。感謝の言葉でいっぱいです。

f0075745_1127030.jpg写真が異様に大きくてごめんなさい。こちらの建物はワシントン州の免許証の更新や発行を行ってくれる州の施設。でも、ここはバンクーバーの小さな支所です。スーパーの横っちょにありました。
f0075745_11272377.jpg中に入ると整理券を取るのですが、日本の機械式の発券機でなく、このロールから一枚一枚千切って受け取ります。最初は全然気が付きませんでした。そういえば、日本の発券機はなぜ機械式が多いのでしょうか?
f0075745_11274720.jpgちょっと調べてみたのですが、どうやらデータの収集だったり、オンライン管理が可能だからだそうですね。発券機のお値段は小さいもので26万円。お高い商品でした。整理券の配布だけなら、このアナログ式の発券機で充分な気がします。
f0075745_11281050.jpg中では10人ほどの方が申請待ちをしていましたが、窓口は1つだけ。皆さんイライラはしていません。お国柄なのでしょうか。今回の申請に必要だった書類は『パスポート・国際免許証・銀行のカード』の3点と20ドルを必要とされました。やはり州によって違うのでしょうか?
f0075745_4343436.jpg身長や体重の申請の他に、目の色や母親の旧姓を聞かれました。ヤフー登録の秘密の暗号みたいです。このカードは仮のカード。本カードは10日後に到着するそうです。あー良かった。
お蔭様でこれで身分が証明されます。私はお酒がまったくの下戸なので、レストランで頼む必要もなく、タバコも21歳で禁煙したので購入することもないのですが、この身分証明があればアメリカの一部になれた気がして嬉しいです。1つ1つアメリカに溶け込んでいます。明日は明日でまた予定あり!何でも家に大工さんが来るとか!ではまた明日。

↓あ、明日からミッションインポッシブル3だ!今日もクリックお願いします↓
→人気ブログランキングへの一票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-05-06 00:00
2006年 05月 05日

お正月の新聞のように分厚いです。

おはようございます。昨日は体力が低下したのかクシャミと鼻水に悩まされ、睡眠不足も重なり、最悪のコンディションでした。でも、睡眠をしっかりとったら良くなりました。ありがとうございました。←誰に?皆様にですよ。

f0075745_22392716.jpgここ数日は例年になく好天のワシントン州です。連日気温が上昇し、すでに夏気分です。ただ、朝夕に寒暖の差があるので、体調管理には注意です。毎朝学校へは7時半前に到着します。授業は8時からです。学校全体も8時頃から活発的に活動を開始します。
f0075745_2239561.jpg校舎の入り口には新聞が無造作に放り投げられていました。アメリカで新聞配達といえば、小中学生が小さな自転車に三十部程度の新聞を抱えて、家の庭先に投げ入れる方法がもっぱらです。なので庭先の芝生のスプリンクラーが作動してずぶ濡れになっている新聞もあります。日本では一軒一軒のポストに投函されますから、アメリカの配達はダイナミックです。日本の日刊紙の総発行部数は約7300万部といわれ、世界一だそうです。アメリカは5600万部で第2位。しかし、アメリカは日本の約2倍の人口がいますから日本の新聞の発行部数は群を抜いています。世界一の発行部数の新聞社は読売新聞の1000万部です。ギネスに登録されているそうです。
f0075745_22385838.jpg学校の帰りに、道端に放置されたままの新聞の束を見つけました。学校の事務員さんが取り忘れたのでしょうか。アメリカでは公共の場所や大通りには新聞の自動販売機があります。コインを入れて自分で扉を開けて購入するタイプです。この自動販売機は一部の代金で何部でも持っていけます。確かに新聞は一部あれば充分ですから、何部盗んでも転売の価値が無いですものね。アメリカの新聞は広告の量が半端ではありません。お正月の新聞のように分厚いです。でも政治、経済、スポーツと別刷りになっていますので読みごたえがいっぱいです。
読売新聞といえば植田まさしさん作の4コマ漫画『コボちゃん』が有名ですね。コボちゃんは本名を田畑小穂といいます。教育ママのお母さん早苗の名前は有名ですが、お父さんは耕二さんといいます。会社では係長だとか。コボちゃんだけで記事ができそうですが、今日はここまで。長々とした文章を読んで頂きましてありがとうございました。では、また明日!

↓今のコボちゃんはカラー連載!今日もクリックお願いします↓
→人気ブログランキングへの一票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-05-05 00:00
2006年 05月 04日

後で追加の記事を載せます。

学校の宿題に終われ、ここ2日間は一日4時間ほどの睡眠時間だったので若干頭がフラフラしています。それとは別に喉が少しイガイガしています。鼻はムズムズしています。風邪の兆候なのか、アレルギーなのかは今のところ不明です。
でも、食欲はあるから大丈夫そうです。頑張ります。

f0075745_22384447.jpg宿題の内容はアメリカの文化や宗教についてのプレゼンテーション。結果は全員再挑戦。英語の壁は高いですね。写真は同じクラスのペルー人の方。大変勉強熱心な女性です。
f0075745_2239539.jpgとりあえず少し寝てきます。後で追加の記事を載せます。おやすみさない。


↓後でちゃんと掲載します!今日もクリックお願いします↓
→人気ブログランキングへの一票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-05-04 00:00
2006年 05月 02日

手作りの恐竜とてんとう虫のオブジェ。

園芸とは、本来「園藝」と書き、「藝」は「植える」こと、つまり園藝は「 (植物を) 園に植える」という意味になるそうです。現在では「農業」とは別の区別に使われることが多いとか。「造園」も農業とは別のカテゴリーになるそうですね。「園芸」を趣味とされている方は大変に多く、日本全国で4000万人もいるとか!NHKテレビ総合でも毎週金曜日午前9:30~9:54から『たのしい園芸』が放送されています。納得です。

f0075745_1640417.jpg今日はワシントン州の『ガーデンフェスティバル』に足を運びました。自分の人生の領域では未知の世界です。園芸は大きく分けて2種類存在します。ひとつは、文化としての鑑賞園芸。もうひとつは、産業としての生産園芸になります。
f0075745_16404697.jpg『ガーデンフェスティバル』には、ご年配の方や小さなお子様連れの方が多く来場しますので、広大な敷地では無料カートが希望地まで送迎してくれます。鑑賞園芸とは本来植物が持っている美しさに加えて、 育種 (品種改良)・ 仕立て (美的な栽培)・ コーディネイト (総合的なデザイン) の三つの人為的な創造行為で成り立っているとか。
f0075745_16411578.jpg会場には多くの農家の方や園芸関係のお仕事の方が軒を連ねています。こちらは鉢植えのお店。こういったお店だけで10件以上並んでいます。鑑賞園芸には古典園芸と山野草園芸が一般的ですが、食虫植物もこのカテゴリーになるそうです。食虫植物の鑑賞は虫たちには辛い鑑賞ですね。
f0075745_1641484.jpgお祭りだけあって屋台も充実。アメリカには多くの園芸協会が存在します。一番大きな協会は『アメリカ園芸協会』です。そのままの名前です。
f0075745_1642113.jpgこちらでは鶏肉を次々と焼き上げてました。豪快に投げ入れて焼いています。若干焦げ気味でしたが、飛ぶように売れてました。日本で園芸が流行したのは江戸時代。この時は爆発的な発展を見せたと記録されています。生活にゆとりを与えたそうですね。
f0075745_16424633.jpgブルトーザーの展示即売会もやっています。これを使っての庭仕事はさぞダイナミックでしょう。こちらの男性は奥さんに購入を止められた後。後ろ髪を引かれています。私にはがっかりした男性の気持ちがわかりました。男のロマンですよ。
f0075745_16431083.jpgこちらの写真は屋内の展示会場。テニスコート10面分ほどの敷地には数多くのテナントが入っています。庭をそのまま模したテナント。滝まで造っています。今回の『ガーデンフェスティバル』は4日間の開催。その4日間の為に大変な労力です。生産園芸は産業、農業の一部としての園芸を指します。主に野菜や果物の栽培です。

f0075745_16433715.jpg生産園芸は大きく、果樹園芸・蔬菜園芸・花卉園芸の3種類に分類されます。果樹は名前の通り果物を栽培しますが 、蔬菜(そさい)とは野菜を指す言葉です 。花卉(かき)とは花の咲く草を指すそうですね。全く知りませんでした。そして全く読めませんでした。こちらはトマトの苗があるので蔬菜園芸のコーナーになるわけです。英語では 『vegetables; greens』簡単です。
f0075745_16441543.jpg購入が決まると手で運ぶのは大変です。そういった場合はこちらのカートが用意されています。こちらの方は蔬菜園芸と花卉園芸を購入されていました。なるほど、詳しくなってきたぞ。
f0075745_16444821.jpgf0075745_16451491.jpg
こちらは造園用に飾る手作りの恐竜とてんとう虫のオブジェ。どちらも200ドル・2万2000円前後のお値段。廃材を再利用して作ってあるのがナイスです。日本でも売れそうですね。作れるかなぁ。

今日のガーデンフェスティバルを訪れて園芸の楽しさを学びました。これからの季節は園芸が最も楽しい季節!でも、自分では何かを栽培しようと思っていません。とりあえずは自分の英語の”芽”を育てます。収穫はいつだろう? ではまた明日!

↓今日のブログ作成には1時間掛かりました!今日もクリックお願いします↓
→人気ブログランキングへの一票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-05-02 00:00
2006年 05月 01日

血液の重みが伝わってきます。

今日は色々とあってすっかり更新が遅くなりました。さて、血液型は何型ですか?私はよく高校時代に献血に足を運びました。献血とは、輸血のために無償で血液を提供することをいいます。提供された血液は感染症の検査の後、各医療機関へ提供される仕組みです。現在は赤十字社がすべてを手がけています。

f0075745_105191.jpg学校に行くと中庭に『アメリカ赤十字社の献血車』が駐車していました。カラフルな絵が施してありますね。赤十字社は、スイス人実業家アンリ・デュナンの提唱により創立した団体です。国を問わず、戦争や大規模な事故、災害に中立機関(差別無く)全ての人への人道的支援を行う組織を指します。
f0075745_115745.jpg日本の献血では”CC”で採血されますが、アメリカでは”Oz(オンス)”で採血されます。でも、採血量は一緒です。大人の採血限度量は400CC。約牛乳瓶2本分。2006年現在も血液に代わるものは未だに開発されていないそうです。科学的に不可能だとか。輸血に人の血液を使用せざるを得ない状況は変わらないそうですね。

f0075745_116565.jpg車の横には大きく『命の贈り物をあげます。』血液の重みが伝わってきます。私も久しぶりに献血を試みたのですが、身分証明書がなくて駄目でした。残念。でも、今思えば必要書類に記載できたかどうかも不明です。
f0075745_1163044.jpg日本の献血車にはみずほ銀行などが実施している『宝くじ交付金』の名前が見られますが、アメリカではスポンサーは『US・BANK』。同じような媒体ですね。なぜ、高校時代に足しげく献血ルームに通っていたか。それはお菓子やジュースがタダでたくさん食べれたからでした。実態を献血ルームに問い合わせてみると。『献血ルームにあるジュースやお菓子は、提供者様が献血前にリラックスされるために、また献血後の休息や水分補給のためにも提供せて頂いております。』とのこと。私はタダだからと物凄くたくさん頂いていました。心が痛いです。

f0075745_1165012.jpgアメリカの献血ではキャンディーやガムが大量にもらえます。血の色をイメージすると赤ですが、血液の色が緑色だった気がするのはバルタン星人です。私は再放送のウルトラマンで観た記憶があります。ウルトラマンのスペシウム光線にやられて倒れるシーンで緑の血を吐いていました。記憶があっているか。確か毛利博士というのが登場していた気がします。誰か知りませんか?全然関係ない話ですね。取り乱しました。献血は回数に応じて記念品や感謝状などが贈られます。私は10回を超えた時に水色のグラスをもらいました。4リットルの血液を提供したことになりますね。


身分証明がパスポートしかないのは何かと不便です。今度在米身分証明書を発行しようと考えていますが、なんて名前の施設だったかなぁ。明日はテストです!また明日!

↓日本はゴールデンウィーク!今日もクリックお願いします↓
→人気ブログランキングへの一票です。←
[PR]

by nkajino | 2006-05-01 00:00